デジタルイラストは板タブ、液タブ、iPadどっちがオススメ?【ペンタブ比較】

スポンサーリンク

板タブ、液タブ、iPad

デジタルイラストが描きたい!ペンタブが欲しい!

そう思って「ペンタブ おすすめ」などのキーワードで調べても、たくさんの商品が出てきて迷ってしまいます。

そもそもアナログでしか描いたことのない初心者の場合、ペンタブの種類すらも知りませんもんね。

デジタルイラストを描く道具としては主に「板タブ」と「液タブ」に分かれます。

でも最近ではiPadなどの多機能タブレット端末でお絵かきをしている絵師さんもいっぱい。

一体どれを選んだらいいの?ってわからなくなってしまいますよね。

そこでこの記事ではデジタルイラストの初心者に向けて、板タブ、液タブ、iPadの違いや、それぞれのメリット・デメリットなどを比較していきます。

一応先に結論を書いておくと、個人的に初心者に一番オススメのツールはiPadになります。その理由については記事で詳しく触れていきます。

ペンタブ(板タブ・液タブ)とは何?

ペンタブは専用のタブレットの上で、専用のペンを走らせて、パソコンなどの端末の操作をする機械です。

パソコンで言うと「マウス」に近い道具ということですね。

なのでペンタブ単体でデジタルイラストを描くことはできません。ここは意外と勘違いしている人も多いと思います。

パソコンなどの端末にCLIP STUDIOなどのお絵かきソフトを入れることで、デジタルイラストは描けるようになります。

もちろんパソコンとマウスさえあればお絵かきはできますが、ペンタブはマウスよりも絵を描く上で優れた機能を持っています。

それが筆圧検知傾き検知機能です。強めに描くと線が太くなり、弱めに描くと線が細くなったり、色の濃淡を表現できるようになったり、手描きに近い感覚で描くことができます。

デジタルでイラストやマンガの仕事をしている人も今では多いと思いますが、さすがにマウスで描いている人はほぼいないと思います。プロは皆さんペンタブを使っているはずです。

板タブと液タブの違い

ペンタブがわかったら次は板タブと液タブの違いです。

これは簡単で液晶画面があれば液タブ(液晶ペンタブレット)、なければ板タブです。

もともとペンタブは液晶画面がついていない製品しかなかったため、板タブという名称はなく、ペンタブ=板タブでした。

しかし、液晶画面がついたペンタブレットが人気になり始めた頃に、両者を区別するために液タブ、板タブという名称が定着したんだと思います。

板タブは液晶画面がないため、手元を見ながら描くことができません。モニターを見ながら手を動かすことになるので、今までのお絵かきとはまったく違う感覚になります。

一方で液タブは液晶画面を見ながらそのまま絵を描くことができるので、板タブと比較すると通常のお絵かきに近い感覚になります。

iPadなどの多機能タブレットの登場

情報端末の時代はパソコンからスマートフォンやタブレットが主流になりました。そこでiPadに絵師さんたちの注目が集まります。

元々Appleはパソコンでもクリエイター向けのデバイスを開発することが多い会社でした。そのためiPadでもデジタルイラストに使用できるような性能を持った機種が登場し始めたのです。

CLIP STUDIOなどのパソコンで有名だったお絵かきソフトも、2017年にiPad版がリリースされるなど、絵師さんたちがパソコンからタブレットへ乗り換えることができる環境が整ってきました。

多機能タブレットはそれまでのペンタブ(板タブ・液タブ)とは違い、タブレットそのものにネット接続したりソフトをインストールする機能が備わっています。

そのためパソコンと接続する必要がなく、タブレット単体でお絵かきを楽しめることが大きな違いになります。

板タブのメリットとデメリット

板タブのメリット

  • 液タブやタブレットと比較すると価格が安い
  • イラストに手が重ならない

板タブのデメリット

  • 手描きと感覚が違うので慣れるまで描きにくい
  • 別途パソコンが必要

板タブの最大のメリットは価格が安いことです。パソコンがあれば一番安くデジタルイラストを始めることができます。

そして液晶画面がないので描く時にモニターを見なくてはいけないのですが、それに慣れるとイラストが手で隠れないというメリットがあります。

例えばキャラクターの左目を描く時に、手描きや液タブの場合、右目が右手で隠れてしまうことは多いと思います。

これが板タブの場合はモニターにイラスト全体が表示されているので、右目とのバランスをそのまま見ながら左目を描くことができます。

そして板タブのデメリットは手描きと全く感覚が違うので、最初は違和感が大きくて描きにくいことです。

手元を見ながら描けないこともそうですが、ペンを動かした距離と画面上で描ける線の長さの違いも慣れるまでは大変だと思います。

逆に言うと慣れてしまえばコストが安い上に、液タブやiPadとは違う感覚で描けるので、板タブを使用し続ける絵師さんもいるみたいですよ。

とはいえアナログ絵師さんがデジタルイラストを始める際、なかなか板タブに慣れることができずに液タブに乗り換える人もいることは覚えておいたほうが良いでしょう。

液タブのメリットとデメリット

液タブのメリット

  • 板タブと比較すると手描きの感覚に近い
  • お絵描きにおいて最高スペックの商品を選ぶことができる

液タブのデメリット

  • 視差が発生することがある
  • 別途パソコンが必要

板タブと比較した時の液タブの大きなメリットは手描きの感覚に近いことです。

手元を見てペンで描いたものがそのまま液晶に表示されるので、アナログイラストからスムーズにデジタルへ移行しやすいと言えます。

また、現在のデジタル画材状況ですと、最高スペックを求める場合は液タブが選択肢になることが多いと思います。

液晶サイズや筆圧レベルや色域など、とにかく一番良い道具でデジタルイラストを始めたい!という場合は液タブで探すのがオススメですが、Wacom Cintiq Pro 24などは20万円を超えるので、わりと購入に覚悟が必要かも。

液タブや多機能タブレットのデメリットのひとつは視差が発生すること。液タブは構造上パネルの上にペンがあり、パネルの下に描画された線が表示されています。

そのため横から見るとペン先と線がズレていることがわかる機種もあります。最近の端末は視差が気にならないレベルになっているものも多いですが、価格が安いものほど視差が大きくなる傾向があります。

iPadなどの多機能タブレットのメリットとデメリット

iPadのメリット

  • 板タブと比較すると手描きの感覚に近い
  • パソコンに繋がなくても作業をすることができる

iPadのデメリット

  • 視差が発生することがある
  • お絵かき専用に作られた端末ではない

iPadも液タブと同じで液晶にそのまま線が表示されるので、手書きの感覚と同じようにデジタルイラストを始めることができます。

そして板タブや液タブにはない最大のメリットが、パソコンに繋がなくても絵を描けることです。

端末一台と専用ペンさえあれば外出時でも、お部屋のベッドでも、好きな時に好きな場所でお絵かきができます。邪魔な配線も必要ありません。

一方で液タブと同様に視差が発生することはあり得ます。安価なiPad(2018年販売)よりもiPad Pro(2018年販売)の方が視差が小さいことも液タブと同じです。

もう一つのデメリットとしてはiPadなどの多機能端末はデジタルイラストを描くためだけに開発されているわけではないこと。新型iPadが販売開始したとしても、絵師さんにとって最高のスペックが常に用意されるわけではありません。

しかし、液タブは基本的に絵を描く人に特化して作られているようなデバイスなので、今後もどんどん発展していき、最高スペックの製品を生み出し続ける可能性が高いと言えます。

最近ではイラスト制作に特化したような多機能デバイスを、ペンタブ最大手のWacomは開発しています。(Wacom MobileStudio Proなど)この流れは今後も続くと考えられます。

板タブ、液タブ、iPad、どれがデジタルイラスト初心者にオススメ?

それぞれのメリット・デメリットを見れば、なんとなく自分に向いているペンタブの選び方がわかったんじゃないかなと思います。

パソコンを持っていて、とにかく安くデジタルイラストを始めたい場合は板タブがオススメになります。ただ少しでも慣れるかどうかに不安がある場合や予算を増やせるのなら、液晶型の製品にした方が良いと思います。

すでに板タブで慣れている人は別ですが、新しく始める初心者の場合は手描き感覚で使用できる方が圧倒的に使いやすいもんね。

とにかく安く始めたい、デジタルイラストがどんなものか試してみたい、という方にオススメの板タブはコチラです。

液タブをオススメするのはすでにプロを目指しているくらい、画材にこだわりたい人です。趣味程度なら多機能型タブレットの方が使い勝手がよく、機能も十分だと思うので。

そのためオススメする商品は最高スペックのコチラになります。(液晶サイズ違いもあります)

冒頭でも書きましたが、初心者に一番オススメなのがiPadです。パソコンに繋がなくてもお絵かきできる利便性、近年のイラスト性能の向上などを見ると、プロの人達がiPadを使用しているのも頷けます。

iPadはiPad Proと普通のiPadの二種類がラインナップされており、どちらでもお絵描きは可能です。以前はiPad Proを買わなければApple Pencil(アップルペンシル)を使用できなかったのですが、2018年モデルのiPadからはペン対応になりました。

予算を抑えたい人はiPad、性能重視の場合はiPad Proがオススメです。

余談ですが、iPad以外の多機能タブレット端末ではWindowsのSurface proあたりが選択肢になりそう。

コチラはSurfaceを使用してイラストを制作している方のブログですが、信じられないくらい綺麗でかっこいい絵を描いていますね。

デジタルイラストやるならパソコンはsurface proで決まり!?描きやす過ぎ! 最新モデルsurface pro6登場! | マエコのデジタル工房
突然ですが、 「デジタルイラストってとっても楽しい」です^_^ まだ絵を描き始めたばかりという初心者さんであっても臆せずデジタルで描いてみることをオススメします、 (デジタルに対して漠然とした不安を感じているなら、こちらの記事も読んでみてください↓ ・絵の初心者は、デジタルとアナログどっちをやればいい? ・デジタルイラ...

パソコンごと乗り換えるつもりならSurface proの選択肢もありですね。ただ実際にイラスト制作している人はiPadの方が多いので、情報を調べたい場合などは困るかも。

以上、「デジタルイラストは板タブ、液タブ、iPadどっちがオススメ?【ペンタブ比較】」でした。

 

コメント