ゴリラクリニックで30代男のシミ取り【リアルな体験談ブログ】

スポンサーリンク

メンズ美容クリニックの最大手、ゴリラクリニックでシミを取りに行ってきました。30歳を超えてからというもの、肌のくすみ・色ムラ・シミなどに悩むようになってきました。同じような悩みを抱えている方の参考になれば嬉しいです。

ゴリラクリニック

受付~カウンセリング

予約をした時間に受付に行くと、まずはカウンセリングシートを渡されて記入します。個人情報や希望する施術や肌悩みなどを記載する問診票みたいなやつです。

それが終わると扉付きのカウンセリングルームみたいな小部屋で、綺麗なお姉さんが先程提出した紙を元にカウンセリングをしてくれます。肌悩みでいろいろな項目にチェックをつけていて、気になる順番を聞かれたので、「1シミ、2くすみ、3毛穴」と答えました。ちなみに最近は口周りの乾燥とかも気になっています。

  • 気になるシミや毛穴の場所
  • 発症時期や過去の治療経験の確認
  • シミは治療過程で一時的に黒くなることの確認
  • シミの症例写真を見ながらの説明
  • 普段のスキンケアの確認
  • 食事や睡眠などの確認
  • アレルギーなどの確認

などの必要事項をスムーズに確認していく中で、ところどころアドバイスなども挟んでいってくれます。

「化粧水、美容液のあとは乳液で蓋をするとより良いですよ」とか、「眠りが浅い場合は、体温が下がる時に睡魔が来るので、例えばお風呂に長く浸かった後のタイミングとかで改善するかも」とか、普段の生活も含めてケアしてくれます。

それが終わると特殊な機械にお顔を突っ込んで肌測定が始まります。こういう肌分析機ってワクワクしますよね♪このあとおでことほっぺの水分量を測る機械を当てて、いよいよ結果発表~。

私はお肌の年齢が37歳だそうです・・・。まあ妥当だけど実年齢より上だよチクショウ、俺のワクワクを返しやがれ。

真ん中の円グラフは中心に近い項目ほど問題なくて、外側に近いほど治療が必要になるみたいです。マックスでヤバいのがブラウン色素、メラニン、毛穴という項目なので、「1シミ、2くすみ、3毛穴」が気になっている私にぴったり合致していますね。

自分の弱点を正確に把握している男、かおるです\(^o^)/

肌タイプはオイリーと診断されました。私は口周りだけはよく粉をふいてるから、乾燥肌と脂性肌の混合肌だと思っていたので意外でした。

どの部分がオイリーで、どの部分が水分量が多いかを教えてくれます。まあわかりやすくTゾーンが油が多かったです。水分量で意外だったのはおでこが少なかったこと。「ほっぺとかは念入りに化粧水を塗ってるけど、おでことかはちゃんと保湿されてないかも」と言われて、確かに、と思いました。

次に特殊なフィルターをかけて色素沈着をわかりやすくした画像です。黒い点々がシミになる可能性があるみたいです。多すぎるだろこれ・・・。これは自分で排出するのは難しいから機械で治療をしていく部分です。

次はブラウンと呼ばれる部分をわかりやすくした画像。これはさっき見せた色素沈着の予備軍で、自分のスキンケア等で排出もできる部分とのこと。日焼けとかしてしまうと色素沈着に変わってシミになるみたいです。

次は毛穴について。名誉のためにいっておきますが、この顔は特殊なフィルターをかけて毛穴をわかりやすくしています。

毛穴はもともとしずく型で目立ちにくいんですけど、年齢を重ねるごとに皮脂の分泌などでU字型になり、V字型になりどんどん広がっていってしまうということです。1年位かけて改善していくイメージです。

この後私が治療方法について質問したので、まずはシミ治療に使用する機械を紹介してもらいました。ライムライトという機械で、光がメラニンに反応してターンオーバーを促進して排出するというものです。まあこれは想像できますよね。

だいたい1週間くらいでかさぶたのようなものができて、剥がれ落ちて少しシミが薄くなる感じ。やった直後でかさぶたが剥がれるまでは少しシミが濃くなってしまうみたいです。

次は毛穴に使用するレーザーでジェネシスというものです。どうやらコラーゲンとかエラスチンを作る司令を送る線維芽細胞に、レーザーの刺激を与えることにより、コラーゲン・エラスチンの増生を促して、引き締めを実現してくれるらしい。

もしかしたらこういった説明はドクターのお仕事なのかもしれないですけど、私が聞いたらスラスラとカウンセラーさんが解説してくれました。

ドクターの説明

次にカウンセラーさんがイケメンドクターと入れ替わり、治療について説明してくれます。さきほどカウンセラーさんに聞いてしまったので、基本的には同じ内容です。

ひとつ追加するとシミに対してはライムライトで全体的に照射して、アキュティップという機械でピンポイントに照射していくことくらいでしょうか。基本的な原理はライムライトと変わらないっぽい。

あとはレーザー治療機と光治療器があるけど、私のシミの場合は光治療器が良いとの判断でした。レーザーは回数は少なくて済むけど、終わった後のケアなどが大変で、ある程度濃いシミなどにオススメなようです。

プラン内容の説明~洗顔

今日受けるゴリラシミ”滅”光プランの流れを教えていただきます。3ステップがあるようです。

まずステップ1でお肌の汚れを落としていきます。グリコール酸ピーリングかディープクレンジングから選ぶことになります。グリコール酸ピーリングは酸の力を使ったピーリングで、ディープクレンジングは超音波とか水の力で毛穴の汚れをキレイにするものみたいです。

ここでは説明があるだけで、どちらを選ぶかは施術の時に看護師さんと相談して決めていきます。

ステップ2はライムライトで、ステップ3はアキュティップかイオン導入の選択になります。イオン導入では肌の奥まで保湿をしながらビタミンCやトラネキサム酸などの美容液を入れていきます。

ステップ3に関しても相談して決めるみたいですけど、まあ私はシミが気になっているのでアキュティップですね。

この後は洗顔ルームに案内されるので、自分で軽く洗顔してお顔を拭いて、施術に入ります。

施術

ステップ1 グリコール酸ピーリング

看護師さんと相談してステップ1ではグリコール酸ピーリングを選択しました。ほんの少し刺激がありましたが、まったく問題ないくらいのレベルでした。

この時ついでに気になっていた、「両目尻の下のシミが肝斑なんじゃないか」という疑問をぶつけてみました。肝斑というのは女性に多く見られるシミで、左右対称の位置に肝臓のような形でモワッと広がるシミのこと。

ただ位置的にもうすこし頬骨に沿ってできることが多いみたいで、おそらく肝斑ではないだろうということでした。

ピーリングは塗った後少し時間をおいて、拭き取りをしていって終了です。

ステップ2 ライムライト

次はライムライトで顔全体にフラッシュを当てていきます。ジェルを塗った上からの照射で、痛みはありますがそれほど強くは感じません。レーザーのヒゲ脱毛に比べたらまったくですね。

ただ照射しながら「痛みは大丈夫ですか?」などの丁寧な声掛けがあり、痛い場合はレベルを低くしてもらうことが可能みたいです。

終わった後は次にアキュティップをするかイオン導入をするかを聞かれますが、やはり「シミが気になるということなので、アキュティップで重ね打ちするのがおすすめかなと思います」ということでした。もちろん私はアキュティップを選択。

ステップ3 アキュティップ

次はアキュティップですが、照射面積が小さくなるだけで、感覚的にはそんなに変わりません。施術後は日焼けをしないようにと、あと一次的にシミが濃くなってかさぶたみたいに剥がれ落ちることなどを再確認して、施術は終了です。

お薬の説明

この後、1ヶ月分のお薬と日焼け止めを貰いました。光プランでも6回コースか12回コース以外では、内服薬と日焼け止めは貰えません。

貰ったお薬はシナール(ビタミンCとパントテン酸を配合した複合ビタミン剤)と、トラネキサム酸と、ハイチオール(L-システインが主成分)と、ユベラ(ビタミンE)です。美白処方セットという素敵なセット名がついています。

日焼け止めはSPF35・PA+++のオリジナルのものです。

以上で今回のゴリラクリニックでのシミ取りは終了しました。後日お肌の状態がどう変わっているか、ビフォーアフター画像をアップしたいと思います。

ニキビ、くすみ、クマ、毛穴、シミ、たるみなど、スキンケア全般のお悩みをゴリラクリニックでは扱っています。

↓↓↓ゴリラクリニックの予約はコチラから↓↓↓

ゴリラクリニック

コメント