仮想通貨はもう遅い?今からでもオススメできる5つの理由【2018】

スポンサーリンク

f:id:hamchang:20180218140219j:plain

仮想通貨を始めるのはもう遅いと諦めていませんか?

確かに2017年の12月をピークに暴落したチャートを見ると、仮想通貨バブルは崩壊してしまったと感じてしまいそうです。

f:id:hamchang:20180217201659j:plain

※チャートはZaifのサイトから取得したビットコインのデータ。

でも私はまだまだ仮想通貨取引を始めるのは遅くないと考えています。そして「もう遅いでしょ」と言い切る人たちはブロックチェーン技術というものについて、まっっっっっっったく知らない人がほとんど!

仮想通貨は安値で買って高値で売る、投資(というより投機、いわゆるギャンブル)的な側面がクローズアップされすぎてしまっているんですよね。だから「億り人を目指す」だの「コインチェックに預けていたら○百万円が凍結された」だの、初心者を惑わす怪しい情報がネット上には溢れています。

でもね、ブロックチェーンについて少しお勉強をすると、もっと世界を変えていくような革新的な技術であることがわかってくるんです。そしてその技術が様々な分野で実用化されるのはまだまだ先のお話。今後、2017年のような買えばほぼ確実に儲かるような相場が続くかはわかりませんが、仮想通貨バブルが崩壊したかのように下がり続けるような想像は私にはできません。

今回の記事では今からでも初心者に仮想通貨のスタートをオススメできる5つの理由を簡単に書いていきます。

「もう遅い」は4年前から言われている言葉

f:id:hamchang:20180218140238j:plain

私が初めて「ビットコイン」という言葉を耳にしたのは2013年12月13日に放送されたワールドビジネスサテライトという番組。2012年末に1,000円だった1ビットコインが1年で100,000円、なんと100倍の価値に高まっているとして、特集されていました。

当時から株式やFXで投資をしていた私はすぐに興味を持ってネットで調べてみました。しかし今と同様に「もう遅い」という意見が多くありました。確かに1年で100倍にまで上がってテレビで特集までされてしまったら、当然そう思いますよね。しかも購入するのは外貨のような保証のある通貨ではなく、なんだか得体の知れない謎の仮想通貨とかいうやつ。ちょっと手を出すのは怖いなと感じ、取引は行いませんでした。

その後も多少の興味はあったので、値動きはチェックしていたのですが、数カ月後に世界最大の取引所のMt.Gox(マウントゴックス)がハッカーにビットコインを盗まれて閉鎖。「うん、やっぱり投資対象にはなりえないな」と判断をしたのを覚えています。(今思うと完全な間違いですが・・・)

2014年、2015年はそれほど世間を騒がせるほどの値動きはなかったものの、2016年後半くらいからググッと上昇がスタート。2017年の後半にはバラエティ番組でも芸人さんが仮想通貨の話をするなど、人気が出まくってビットコイン価格は200万円を超えました。

そんな状況になって初めて仮想通貨のことを知った方は「もう遅いんじゃない?」と思っても仕方がないことかと思います。ただビットコインがもう遅いと言われていたのは4年も前からなんですよね。それからマウントゴックスの閉鎖、各国の規制、様々な取引所のハッキング被害などの苦難がありつつも、不死鳥のように蘇り続けている商品。それがビットコインを中心とする仮想通貨です。

2018年はコインチェックのネム流出事件があってビットコインは半分以上値を下げましたが、長期的に見るとまたスルスルと上がっていきそうな気がしませんか?

少額から気軽に始めることができる

f:id:hamchang:20180218140314j:plain

1ビットコインが100万円とか言われると、高すぎてとても買うことができないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。仮想通貨の取引所や販売所では0.001BTCや0.0001BTCといった単位で購入することができます。

1ビットコインが100万円だとすると、手数料などを含めても1,000円程度あれば購入できるんですね。国内株式投資などの場合はもう少しお金が必要になってきます。仮想通貨の場合は本当にゲームセンターのような感覚で少額で楽しむことができるのが嬉しいポイント。

ちなみにFXは同様に少額からでも始められる上に実態のある通貨なので、個人的にはオススメです。1通貨単位から取引ができるSBI FXトレードなら本当にゲーム感覚で為替取引ができますよ。

この項では株式とFXと仮想通貨を比較していますが、あくまで初心者の方が気軽に趣味として楽しみにやる場合の話です。ガチで投資をしたい、資産運用を始めたい、という場合は株式投資、または投資信託が一番オススメです。

投資金額が100倍に?余裕資金で仮想通貨!

f:id:hamchang:20180218140334j:plain

ビットコインが1年で100倍に値上がりしたことは前述の通りです。一般的な為替取引や株式では考えられないような、夢のような上昇気流に乗れる可能性が仮想通貨にはあるんですよね。

今までビットコインの話ばかりしてきましたが、仮想通貨はビットコインだけではありません。まだ世間での注目度は低いものの、様々な分野で活躍する可能性を秘めた安いアルトコイン(ビットコイン以外のコイン)もたくさんあります。確かに今の水準でビットコインが一年後に100倍になっているかは少しわかりませんが、アルトコインではそういうものがでてきてもおかしくはありません。

これってすごい夢があると思いませんか?例えば20万円くらいドブに捨てたつもりで仮想通貨を買ってたら、一年後に2000万円になってるかもしれないってことですよ(´∇`)

考え方や資産状況にもよりますが、20万円が仮にゼロになったとしても、人生が狂うほどの痛手はないと思います。でも2,000万円あれば人生を変えられますよね。欲しいものは大体手に入るでしょうし、独立起業の資金にしたり、マイホームの購入資金にしたり・・・使わずに年利5%で資産運用ができれば年収が100万円ほど増えることになります。

こんな条件のギャンブルってほとんどないんです。競馬などで100倍になるような組み合わせはほとんどが当たらないですし、外れたら確実にゼロになる超低確率な賭けに20万円も投資できませんよね?

でも仮想通貨の場合は100倍になっているかもしれないし、10倍になっているかもしれませんし、現状維持かもしれないし。ゼロになるリスクはまったくないわけではありませんが少ないと言えます。もちろん貯金を全額突っ込むようなことは絶対にしてはいけませんが、余裕資金で始めるのはありなんじゃないかな。

この項ではちょっとギャンブルに近いようなお話をしてしまいましたね。「仮想通貨なんて怖いから買いたくない」と思っている人には、こういう思考もあるんだよって感じに捉えてもらえたら嬉しいです。

単純に右肩上がりの相場

f:id:hamchang:20180218140349j:plain

日本人投資家は逆張り思考が多いと思います。相場が下がっている時に安いから買っておこうという考え方ですね。だから仮想通貨の値上がりを見て「買うのはもう遅い」と感じちゃう。

でも逆張りってすごく難しいんです。私はFX、株式投資、投資信託、CFDなど様々な投資をしてきましたが、結局長期を見据えての順張り(相場が上昇している時に素直に買う)が一番利益を出せています。なので最近買うのは日本株ではなく米国株や、米国株関連の投資信託ばっかり。アメリカの株式市場って100年以上も上昇を続けているんですよ!

仮想通貨も長期的な視点で見れば右肩上がりと言えます。もちろん大暴落も起こりますが、それは株式市場でも同じこと。2008年のリーマンショックではアメリカ株も含めて世界中の株価が大暴落しました。

もちろん仮想通貨がいつまでも上昇を続けるかは誰にもわかりませんが、少なくとも2018年の現状ではまだ流れに乗れる可能性は十分にあると考えています。

仮想通貨にはブロックチェーン技術の夢がある

f:id:hamchang:20180218140418j:plain

最後になりましたが、冒頭でも少し書いた一番の理由。ブロックチェーン技術は決済用としての仮想通貨以外にも、様々なことに応用されていきます。

私もそうでしたが「仮想通貨」という名前に引っ張られて通貨としての側面しか考えていないんですよね。まあブロックチェーン技術によって海外送金の低コスト化ができるというメリットは非常に大きいしわかりやすいので、決済手段としての価値が高く注目されるのも頷ける話なんですけど。

でもよく考えてみると決済手段として必要なだけならビットコインだけで十分。イーサリアム、ネム、モナコイン、リップル、ビットコインキャッシュなど、他にも1000種類を超えるアルトコインなんて必要ないんじゃないかな。

ブロックチェーン技術の特徴は「誰でも取引履歴が閲覧できること」と「サーバーが分散されていること」。これによって中央集権化を防いだり、データの改ざんが不可能になるなどのメリットがあります。

将来的には文書の証明、高級品のトラッキング、ブランド品の真贋判定、不動産契約、分散電力市場、オンラインカジノ、クラウドソーシング、ゲーム、裁判、投票システムなど、色々なものに応用されていくはず。仮想通貨への投資マネーはそういった未来を見据えて送られているのです。まあ価格が上がりすぎてただ儲かるから投資している人も日本には多いですけど・・・。

とはいえ2014年、2015年にはそれほど大きな値動きがなかった仮想通貨相場がまた大きく動き出したのは、技術の発達によって、ブロックチェーンが社会に浸透していく世界が見えてきたことに他なりません。世の中にはびこる問題を解決し、便利にしていく技術革命は絶対に止まることなく成長していくでしょう。

なので私は通常の資産運用とは別で仮想通貨にも少額ですが投資をしています。なので「もう遅い」と一蹴せずに、ぜひぜひブロックチェーン技術について学んでみて、もし可能性を感じたら投資をしてみて下さい。

ブロックチェーンの技術についてお勉強したい場合はブロックチェーン革命がオススメです。

最後に・・・オススメの仮想通貨の始め方

f:id:hamchang:20180218140606j:plain

仮想通貨取引を始めてみたいと思った方はまずは口座の開設から始めることになります。口座開設自体は無料でできるので、複数の取引所で行うことをオススメします。

一つで良いじゃんって思うかもしれませんが、仮想通貨の種類によって、A取引所を使ったほうが安く済む場合とB取引所を使ったほうが安く済む場合があったりするんですよね。それに扱っている仮想通貨の種類自体も取引所によって違います。例えばリップルを買いたくてもZaifでは販売していませんし、ネムを買いたくてもbitFlyerでは販売していません。

口座の開設は書類の送付などがあるため何日かかかることが多いので、自分が欲しいと思った時に欲しい仮想通貨が買えるようにメジャーな以下の取引所・販売所の口座は開設しておいたほうが良いと思います。さすがに全部作るのは面倒だという方は、大手のbitFlyer、Zaif、DMM Bitcoinあたりを作っておくことをオススメします。

取引所 特徴
bitFlyer 日本最大の仮想通貨取引所で取引所自体が保険に加入しているので安心感ナンバーワン
Zaif リーズナブルな手数料と独自の定期積立サービスが人気
DMM Bitcoin 後発ながらDMM FXでお馴染みのDMM.comグループの安心感とアルトコインのレバレッジ取引が魅力
GMOコイン 販売所の中では手数料が最安クラスでアプリの使いやすさも人気
bitbank リップルやライトコインのアルトコインが取引形式で購入できる
ビットトレード 金融庁登録済で高機能なトレードツールが魅力
QUOINEX マイナーな通貨ペアまで揃えて顧客の仮想通貨を100%コールドウォレットで保管

口座を開設したら仮想通貨を少額ずつ買ってみましょう。手堅く行くならビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムあたりでしょうか。大きく当てたいのであればもっとマイナーなアルトコインで攻めてもおもしろいかも♪

f:id:hamchang:20180218140807j:plain

この記事を書く前に使っていなかった空っぽの口座に30万円を振り込んで、ビットコインを買ってみました。記事を書き終わるまででいくらになったか、書こうと思ったからです。

結果は2月14日に入金&購入し、記事を書き終えた2月18日のお昼頃でこの口座の保有資産の時価総額は340,664円になっていました!たったの4日間で4万円も儲かったことになります。増加率で言うと13%以上・・・凄いですね。もちろんこれはたまたまタイミングが良かっただけですが、2018年の段階でもまだまだ仮想通貨を買うのに遅くはないと思える勢いかも。

ちなみにこのビットコインで草コイン(まだ価値の低いコイン)のトロンを購入してみました!トロンの購入方法や詳細についてはこちらの記事に詳しくまとめてあります。

money-topics.com

以上、「仮想通貨はもう遅い?」という問いに対する、私が思うまだまだオススメできる理由のご紹介でした。この記事が仮想通貨に興味を持った皆様の参考になれば嬉しいです。

コメント