セザンヌのパールグロウハイライト新色02ロゼベージュの使用レビュー

スポンサーリンク

パールグロウハイライト比較

プチプラブランドのセザンヌから発売されて、2018年に大人気だったパールグロウハイライト。

これまでは01番シャンパンベージュの一色のみの展開でしたが、02番ロゼベージュも販売が開始されました。

デパコスにも負けない極上の濡れツヤ感は新色でも健在か、01番と比較しながらレビューをしていきます。

セザンヌ パールグロウハイライトの画像つき使用レビュー

セザンヌ パールグロウハイライトの使い方

パールグロウハイライト0102

パールグロウハイライトはパウダー状のハイライト一色と、ブラシが付属しています。写真の色味は左が「01 シャンパンベージュ」で、右が新色の「02 ロゼベージュ」です。

付属のブラシは柔らかくてCゾーンを塗るときなどには使いやすいと思います。ただ鼻筋を塗りたいときは少し太すぎるので、別のブラシを使うか指塗りのほうが良いかも。

パールグロウハイライトスウォッチ

手の甲に塗ったスウォッチはこんな感じ。右が01シャンパンベージュで左が02ロゼベージュ。

01シャンパンベージュはベージュというカラー名称ですが、白っぽい発色です。

アットコスメなどの口コミを見ても少し「シルバーっぽくギラつくので使うのが難しい」といった声がありました。

でも02ロゼベージュはツヤ感はそのままに、より肌に馴染む色味になっている印象。

パウダーなのに見た感じの濡れツヤ感はすごいです。プチプラハイライターではなかなかこのツヤはないかも。elfなどの海外コスメのハイライターで見かけるようなストロボ的な発光です。

面長のハイライト

一般的によく紹介されるハイライトの場所

丸顔のハイライト

丸顔の人のハイライトの場所

ハイライトの入れ方は人それぞれですが、TゾーンとCゾーンに入れるのが一般的にはよく紹介されています。丸顔の人で顔を縦長に見せたい場合などは、Iゾーンと目の下の三角ゾーンに入れるやり方もあるみたい。

私はどちらかというと面長なので、TゾーンとCゾーンに入れますが、唇の上と顎先にも乗せて立体感を出します。

セザンヌ パールグロウハイライト02を使ってみた画像

ハイライトなし

こちらは使用前のビフォー画像。メイクは下地とファンデのみの状態です。私のパーソナルカラーはたぶんイエベの秋。

ハイライトあり

パールグロウハイライト02をCゾーンに乗せたアフター画像です。

01番より肌に馴染みやすいので使いやすそう。赤みがあるのでツヤ+血色感が与えられる感じ。チークとしても使えそうかも。

高輝度なパールがくすみやクマを光で飛ばしてくれるので、肌を綺麗に見せくれる効果はある気がします。

アイシャドウベースやアイシャドウのトッピングに使ったり、涙袋をぷっくり見せたい人は下瞼に使っても良さそう。

セザンヌ パールグロウハイライトの価格・色・成分など

会社 株式会社井田コーポレーション
ブランド セザンヌ
商品名 パールグロウハイライト
価格 600円(税抜)
カラーバリエーション 01シャンパンベージュ、02ロゼベージュ
容量 2.4g
販売場所 全国のスーパー・ドラックストアなど

セザンヌはプチプラブランドで人気のキャンメイクと同じ、株式会社井田コーポレーションのブランドです。キャンメイクのほうがパッケージとかは可愛い感じで、若い年齢層をターゲットにしてる感じ。

お値段は600円(税抜)とプチプラなので、お試し購入しやすそうです。

カラーバリエーションは今のところ01と02の二色です。

【セザンヌ パールグロウハイライトの全成分】
トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、トリエチルヘキサノイン、(フッ化/水酸化/酸化)/(Mg/K/ケイ素)、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ミリスチン酸亜鉛、(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー、ペンチレングリコール、ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2、フェノキシエタノール、ハイドロゲンジメチコン、メチルパラベン、シリカ、トコフェロール、BG、水、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、タルク、マイカ、酸化チタン、酸化鉄、酸化スズ、水酸化Al

以上、「セザンヌのパールグロウハイライト新色02ロゼベージュの使用レビュー」でした。

 

 

 

コメント